緊急避妊ピルは「アフターピル」と呼ばれることもあるピルの一種です。
特定のホルモンを主成分として合成されたこの医薬品は、服用することで避妊に失敗した後であっても妊娠を防ぐことが出来るようになります。
誰にでも処方されるというような物ではなく、基本的には病院で診察などを受けたうえで処方が出来る、必要であると判断された場合にのみ処方されることになるのですが、一部では「緊急避妊ピルは服用期間が長いほど高い効果が期待できる」というように言われることもあります。
しかし実際のところ、緊急避妊ピルの効果に服用期間は関係無いと言って良いでしょう。
緊急避妊ピルは女性ホルモンの働きによって強制的に月経を起こすことで妊娠を防ぎます。
実際の月経に関しては服用後、数日経過してからと言うことになるのですが、そこで勝手に服用期間を長くしてしまうと、女性ホルモンの過剰摂取によってさまざまな体調不良が引き起こされることになります。
そもそも緊急避妊ピルに含まれる女性ホルモンの量は、それだけで高い効果を期待できるような設計がされています。
服用期間が長くなれば高い効果がなるということは何の根拠も無いことです。
もちろん避妊が失敗し、望まない妊娠に至ったかもしれないという不安感は非常に強いものですが、だからと言って指定されていないような飲み方、指定されていない服用期間に渡る服用が良い効果を及ぼすことはないのです。
もちろん、通常の病院であれば緊急避妊ピルの処方量は最小限となるはずです。
しかし緊急避妊ピルによっては強い吐き気が伴うこともあり、嘔吐してしまった時に備えてとして多めに処方してもらおうとする人もいます。
それはそれで一つの選択ではありますが、多く・長く飲んだところで効果が増すわけではないということは絶対に忘れないでください。