経口避妊薬というのは、一般的にはピルと呼ばれている避妊薬のことを意味します。経口避妊薬を服用すると妊娠をすることなく性行為をする事が出来るので、妊娠が怖くてセックスレスになっている人はこれを利用することでセックスレスを解消することが出来ます。
経口避妊薬の成分は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つを組み合わせたものです。これら二つのホルモンは、普通排卵してから生理が来るまでの期間と女性が妊娠をしている期間に分泌しますので、この薬を利用すると身体に妊娠をしているという錯覚をさせることが出来るようになるのです。
具体的には、排卵が行われないようになり、着床が行われないように子宮内膜が変化します。そして、子宮口から出てくる粘膜の粘性が強くなるので、精子や細菌と言ったものを子宮内に侵入することを防いでくれるのです。
経口避妊薬であるピルを利用すると、ほぼ100%の確率で避妊を成功させることが出来るようになります。避妊の手段としては他にも避妊手術を行ったり子宮内に専用の器具を設置するなどの処置がありますので、こうした方法をするよりも一時的な方法で避妊をできるため子供を産みたくなったときには使用をやめることが出来ます。
ピルの良いところは、生理痛に悩んでいる人や生理によって過剰に出血をしてしまっている人の苦痛を和らげることが出来る点にあります。こうした症状が続くとセックスレスの原因になってしまいますので、薬を使うことで症状を緩和することが可能です。
セックスレスの原因は女性だけにあるわけではありませんが、生理に関しては先天的なものでどうしようもないので、薬を使って状況を改善することが最も理に適っていると言えます。