女性が飲用する避妊薬として知られているピルですが、一種類ではありません。飲用する際には種類ごとの特徴について知っておく必要があります。そもそもピルには高用量、中用量、低用量と、ホルモンの量に応じて3段階に分けられています。高用量、中用量はホルモン異常などの病気治療を目的として利用されることが多いのです。その為、通常の避妊に用いるのは低用量ピルが一般的です。医療用として用いられないためか、低用量のものは保険適用外になっている商品が多いので、購入の際は金額に注意しましょう。

低用量の中にも更に一相性と三相性の2種類があります。これは1ヶ月分などセット単位で見た場合に、配合が変わるか否かの違いです。一相性はどれも内容が同じなので、飲用の際はどれを選んでも構いませんが、三相性は配合が異なります。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量が異なっており、服用を始めてから数日単位で、その期間に飲むべきピルが決まっているので、該当する配合のものを選ばなければいけません。同じものを服用すればよい一相性は便利ですが、三相性はホルモン摂取量が少なく、より体に優しい作りとなっているので、初めての方に適しています。

更に、ピルは通常28日間のサイクルで飲み続ける仕組みになっていますが、その飲用の方法でも、21錠型と28錠型の2種類に分かれています。21錠型は3週間、21日飲み続け、次の7日間は服用せず、8日目から再び飲み始めます。その為休止期間はしっかりと覚えておかないといけません。28錠型は4週間、28日ずっと飲み続けますが、21日目以降は休養時用の成分のない薬を服用する仕組みです。飲み忘れを気にする必用はありませんが、三相性同様、成分が入っているか否かを間違えないようにしてください。

具体的な低用量の製品には、トリキュラー、ダイアン35、ノベロンなどがあります。トリキュラーは最も有名な商品で、副作用がないこと、不正出血を抑えてくれるなどのメリットがあります。ダイアン35は他の製品で副作用を起こしてしまった人に適した商品であり、また体型の小さい方にも適しています。但し副作用として血栓症になる可能性を孕んでいるため、服用以前から血栓症またはそのおそれがある人は、医師に相談する必要があります。ノベロンはジェネリック医薬品で、元になっているのはマーベロンと呼ばれる副作用の少ない商品です。世界中で使用されている商品のジェネリック版であり、エストロゲンの量も少ないことから購入されています。

●ピルは避妊以外にも生理痛緩和の効果も
避妊薬で自分の身を守りましょう
●緊急避妊薬の購入ならこちら
モーニングアフターピル 通販